8020予防歯科とはの解説

ホーム>8020予防歯科とは

【審美歯科セラミックなら】

8020予防歯科とは

8020予防歯科とは

8020予防歯科とはズバリ80歳で20本以上の歯を残すための治療です。小さい虫歯や、ほとんどの歯周病は痛みなどの自覚症状が無いのでレントゲンなど科学的な検査からあなたのお口の状況を客観的に検査します。歯にかかる力の分析(噛み合わせ)も重要です。その結果から病気は治すのはもちろん、なりにくい環境にしていきます。
上記のポイントをふまえ、あなたにあった治療計画をあなたと相談して、無理なくステップバイステップで治療をおこなっていきます。そして、病気が無くなり、清潔なお口になったらなりにくい環境を維持していくためにメンテナンスをおこなっていきます。(歯石取りのことではありません)当クリニックでは審美、とインフェクションコントロール(院内感染予防)、無痛的治療をプラスしてさらに総合的な治療を行っています。

予防歯科というとどのような歯科治療を想像されるでしょう?フッ素の塗布とか歯石取りと思われる方が多いようです。しかし、これだけでは不十分です。根本解決がなされないまま目先のことだけに対処するだけでは防ぐことが難しいのです。

定期的に歯科医院にいってクリーニングしてるけど、処置が必要になることがある人がよく相談にいらっしゃいますが、まさに根本解決が必要な例です。お口を守るためには歯ブラシとフロスを使ったプラックコントロールの習慣化と歯に対して必要以上に力がかからないように力のコントロールをする大原則が必要なのです。
それをベースにさまざま治療を取り入れていくのです。審美治療や、インプラント治療ももちろんこの総合的な考え方をもとにした枝葉の治療でないと長期間持続するのはなかなか難しいものです。

虫歯やかぶせものなどの治療をする上でも【予防歯科】の考え方は必要です。いくら削って詰めても、???どこかに虫歯菌がいてお口の細菌を歯ブラシや薬で少なくしようと頑張っても、環境が整っていないと限界があり、残念なことになってしまいます。例えば、かぶせた歯にすきまがあれば細菌がはいりやすく、またまた虫歯や歯周病になってしまうことがあるのです。そうなると虫歯や歯周病は細菌の巣ですから、そこからまた広がっていってしまうのです。

予防歯科2

歯に対する優先順位は?

  • とにかく歯を残すこと (歯が無ければ何もできません
  • とにかく神経を残すこと
  • とにかく歯にとって負担となることは取り除くこと(噛み合わせなど)

というように考えて治療をおこなっていきます。たとえ一本の歯でも上記のように考えねばなりません。噛み合わせのずれから、肩こりや偏頭痛がおこることがありますし、一本でもぬけたままにしておけば両隣の歯が倒れてきてお口全体がくるってしまうこともあるのです。続きはまた診療室でお話しましょう!

お口への思いやり

いったん治療が終わりましたらここからがあなたのスタートラインです。お口をいたわってあげましょう。あなたにとってかけがえのないものは健康です。健康は口からはじまります。 私たちはお目にかかるときは苦痛のお顔でなく、笑顔でお目にかかりたいと思っております。治療の終了後に本当のお付き合いが始まるのです。
なにか気になることがございましたら、なんでもご相談ください。スタッフ一同親身にご相談にのります。
そして治療をご希望の場合には『健康への入り口歯科ドック(デンタルドック)』からはじめましょう。
ん?初めてで緊張しますか?やはりみなさん緊張して診療室に入られますね。それは誰でも同じですよ。でも、私たちは本気で悩むあなたを一人の患者としてでなく、知人友人のようにお迎えいたします。それが私たちの歯科医療の核(コア)なのです。一度治療を受けられれば、怖い歯医者に行くのではなく友人の家に遊びに行くようになられますよ。

池袋同仁歯科クリニック

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional